本当に家を曳くことができるのですか?
Q1

曳家の工事はどれぐらいかかるの?
A1

曳家の工事費は取り壊して新築する場合に比べ
約3分の1と言われています。
その他工事条件により変化いたします。
@建物の構造(形状、底面積、階数、基礎の種類)
A建物の周囲状況(空地の状況、接続道路の幅員)
B地盤の関係(新設する基礎の種類)等の施工条件および高低差、回転、移動距離などの内容によって異なります。
見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。

Q2

移転先でガタが着て、建物の寿命が縮まることにならないか?


A2

ご不安はもっともですが、現在の建物に最も適した基礎を作り、その上に移動しますので基礎が新しくなった分だけ、むしろ寿命は延びるとお考えください。さらに、トイレ、バス、キッチン等の水回りの接続部分も新しくなります。

Q3

仮住まいの期間は長いのかしら?
その間の生活が不便になると困るわ。



A3

仮住まいの必要はございません。生活したまま工事することができます。



Q4

保証は大丈夫かしら?
工事中に何かあったら、不安だわ・・。

A4

ご安心ください。(株)恩田組は曳家工事100年以上の経験と実績、それに伴う技術力があります。
もちろん、瑕疵に対する保証も万全。
工事によって壊れたところは直してもらいましょう。

Q5

曳家する際、家具等を仮移転しなくてはならないのかい?

A5

いいえ。家具や、家財道具はそのままの状態で曳く事ができます。

Q6

都市計画区域の関係で家を移動しなければならないのですが、私の家は古くなっており、そろそろ立て替えようと思っていたのだが。
移動させようか、建て替えようか・・。

A6

曳家に伴う費用は、建物の新築費の半分程度かかりますが、移動工事に伴う基礎の強化など、建物の寿命も大きく延びます。
また同時に、免減振工事なども行うことも可能です。

Q7

今住んでいる家を曳くと、家が傷まないかしら。

A7

曳きや工法による移転は、建物の各部分に均等に無理なく力を加えて柱、梁、屋根を損傷することなく移動させる合理的な工法です。
この工法は、約百年の歴史を持つもので、文化財クラスの建物も傷めることなく移転されています。


お電話を戴ければただちに現場を見て
見積書を作成してお渡し致します。

どんな見積もりでも無料です。
 

お電話1本ですぐ担当のものがお伺い致します。


03-3261-1987(本社代表)
03-3230-4810(本社工事)
0424-82-3620(調布営業所)
 
 

このホームページに存在する、全ての情報の転用・転載を禁止します。
Copyright(C)1999-2004 ONDAGUMI INC.
All rights reserved.