建物沈下修正保持工事
 


建物沈下修正保持工事


アンダーピニング:
上部建造物の機能・性能を維持した上で、基礎を改良、補強、或いは新設することをいいます。

この施工は、次のような場合に行います。

1
建造物の沈下修正、並びに事前防護
地盤軟弱、或いは近隣工事の掘削、揚水、振動などによる地盤沈下によって建造物の(不等)沈下が生じた場合。
2
建造物基礎の支持力不足による沈下修正、並びに事前防護
3
増築工事(階層増加・地下室・車庫の増設)
4
震災の復旧、防災対策
5
その他


 
 


施工方法には、直接支持工法・上梁工法・下梁工法の3種類があります。
 
直接支持工法

建造物の基礎の真下に柱を打設して支持する方法です。地下室があっても、回りが狭くても1ヶ所の空間(1u程度)より、建造物の基礎下部へモグラ掘で侵入して施工することが出来ます。
使用杭は次の通りです。

鋼管杭
長さ1m程度の鋼管を溶接することによりつなぎながらジャッキで圧入して杭とします。杭打工法としては、ジェット水流を兼用する工法(当社特許工法)もあります。
組積杭・ラッフル杭
一定の大きさのRC製及び鋼製のブロックを組みながらジャッキで圧入して杭とします。(当社特許工法)
組積摩擦杭・鋼管摩擦杭
一定の大きさのRC製及び鋼製のブロックを組みながらジャッキで圧入して杭を作るが、その際、杭にフシ状の突起を付け、砂利を突起により押し込むのが特長です。(当社特許工法)


上梁工法・下梁工法
建造物の両側に杭を打設して、その杭の上に鉄骨製、またはコンクリート製の梁を載せ、この梁で建造物を受ける工法です。
建造物の基礎下部を梁で受ける場合が下梁工法。基礎より丈夫で受ける場合が上梁工法です。






木造建造物の沈下修正工事

弊社においては、アンダーピニングの研究を推し進めて、重量の軽い木造建物については前述の工法以外にも直接支持工法技術の開発研究に日夜努力しております。鋼管杭によるジェット水流工法(当社特許工法)。地中膨張杭(Q.C.B特許工法)。側打鋼管杭工法(当社特許工法)。鋼管スリーブ杭(当社特許工法)。


1

建物を移動せぬ工法で、敷地がどんなに狭くても差し支えない。
2
居住者は生活条件を変える必要が無い。
3
沈下保持が確実であり、且つ建物損傷が殆ど無い。



このような利点がありますので、多くの皆様より大変喜んで頂いております。




 
● 地震による復旧(不等)沈下修正工事

関東大震災、新潟地震、十勝沖地震、宮城沖地震、日本海中部地震、阪神大震災、その他地震

●全国的軟弱地盤地区の(不等)沈下修正工事

九州、四国、中国、関西、中京、東北、北海道と全国的に出張工事をしております。

 
 


<木造建物の二階、三階増築工事・一階部分への車庫増設工事>

 
木造平屋建て(2階)を2階建て(3階建て)に増築する場合は、その建物の上部に増築する工法が普通です。この常識を覆して、既存建物をそのままジャッキアップし、その下へ増築する工法が採用されるようになりました。
この工法による利点は下記の通りで、従来工法に比べ、格段の優位性があります。

 
従来の屋根が、そのまま生かされます。工事中の居住も不便がありません。
増築部分の間取りが自由に設計出来ます。(従来工法は制約がある)
一階は土台基礎を含めて新築と同等となり、また既存建物の耐用年数も荷重のために短縮するというような心配がありません。
増築総工事費が、建物上部増築の場合と比べて格安になるという経済性があります。
また、1階部分への車庫(倉庫)増設も、敷地の有効利用と工事費の格安という点から、近年注目を浴びつつあります。







ご覧になりたい項目をクリックして下さい。
詳しい説明が、表示されます。





<ホームへ戻る